BIZENアングラ・アングラーズ
フライフイッシングとフライタイイングに関する話題など
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
釣り納め
171105(1)1.jpg
 我が家の玄関を開けるとこんな風景がひろがっている。
 いつのころからか、
 朝おきて、
 まず風で揺れているこの木の梢の揺れ具合と朝日のあたり具合を見て、
 その日釣りに行くかどうか決めるようになった。

 天気予報はまったくあてにならない。

 氷点下となったおとついの朝、
 いつものようにこの木を眺めて、
 なんとな~く「あ、きょう釣り納めの日だな」とおもったので出かけた。

171104(2)2.jpg
 こう見えて、
 対岸寄りに押しの強い流芯が流れていて、
 その両側が緩やかな巻き返しになって澱んでいる。

 サカナはその流芯のむこう側のバンク際の巻き返しに溜まっている。
 その地点まで距離にして20ヤード弱というところか。

 なかなか手ごわいポイントだ。

171104(1)1.jpg
 アウトリガー・スタイルなニンフィングで、
 この距離を投げて、
 自分の背丈よりも深そうな川底に軽いニンフをズッポリ沈めて、
 流芯の流れや水面に浮く落ち葉や北風に邪魔され翻弄されながらも、
 水面に浮いているリーダーが一瞬クッとおさえこまれるような微かなアタリをバシッと合わせて……、

 じぶんにとっては「これぞ!」会心の快挙。

 しかも、
 いまじぶんがもっとも関心と興味をよせている素材をこねくりまわして巻いた自分的最新ニンフに変えて、
 ほんの数投目でガッツーンと掛ってくれちゃって……、

 すばらしかった夢見心地。
 出来過ぎだ。

 案の定、
 午後を過ぎてすぐ鉛色の雲が空を覆って、
 冷たい北風がピープーふきはじめた。
 たちまち水面がどんよりと暗い色になってザワザワ波だち、
 ザザザーザザザーと川辺の木々が揺れながら最後の枯れ葉シャワーを川面に降り注ぎはじめた。

 万物の長にひたすら感謝。

171105(2)2.jpg
 翌日、
 朝起きたら我が家のまえがこんなんなっていた。

 天気予報はぜんぜんあてにならない。
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.