FC2ブログ
BIZENアングラ・アングラーズ
フライフイッシングとフライタイイングに関する話題など
201811<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201901
タイイングデモ後日談
171206(1)1.jpg
 涅槃の谷間をスイング。
 ホリゾンタル・ウイングスタイル・マーチブラウン8番サーモンフックをさがせ……。

 

 171128(5)5.jpg
 左側のおとなしいのがトラディショナルなレネゲイド8番。
 右側のカーフテイルのウイングを搭載したエグイのが、
 名づけて爆裂ボンバー・チューン・レネゲイド(オレンジ・ベリー)ロングシャンク4番~6番。

 このボンバー・チューンはね~、
 ニッポン発オリジナルのタイイングテクとツールへの北海道ビッグサイズ・ドライフライ的オマージュでもあり、
 夢いっぱい創造力炸裂だった90年代フライタイイング・シーンからのリベンジというか逆襲というか……、

 「このフライ、何匹か釣るとボディがボサボサになるというよりもズルズルになりませんか?」
 この春、
 このスタイルで巻いた巨大ドライフライをご購入くださった方がデモにも来てくださって、
 そのときによせられた、
 …あ、使い倒してくれたんだー…というのがよくわかるご質問。

 「そうなんですよ~、そこが泣き所なんですわ~」
 というと、
 「でも、ズルズルになってもず~っとつかってました。いいのたくさん釣れたし、ボディがかわいいし、ず~っとポカッと浮いてるし…あの、巻き方教えていただけますか?」

 ぜひともご伝授つかまつらせてください!
 巻く作業もメッチャ愉しいねんコレ!

 ムッチャよろこんでうれしかった。

171128(6)6.jpg
 ユスリカ・ピューパフライのアメリカン・スタンダード?…サウスプラット・ブラッシーのビーズヘッド・ヴァージョン、
 ただしサイズは「それってユスリカ?」的ファンシーかつビッグサイズのショートシャンク/ワイドゲイプ10番

 こんなどでかいユスリカが実際にいたら怖いぞサイズ。

 しかしなんでか効くときは効きまくる。
 そしてその理由や原因はまったくわからない。

 晩秋のこの日もそうだった。
 同行者が呆れてしまうほどに大中小のニジマスたちがギッタギタにこのフライをパクッとしてくれちゃって、
 新品ピカピカのフライは哀れ変わり果て、
 真っ黒に着色したビーズは色が剥がれ、
 ソラックスのピーコックは千切れ、
 スレッドでオーバーラップして補強したワイヤーボディはついにささくれ、
 そんなワイヤーからささくれたスレッドの細かな束がユラユラ逆に鰓っぽくリアリティで……、
 もうヨレヨレのヘロヘロの状態。

 こうなると無敵状態入りました的な。

 ズキュンとツボにはまると、
 ときとしてこのフライは反則なのではないか凶器じゃないかと……、
 なんかうしろめたい気分になることもある恐竜時代サイズのユスリカのサナギのイミテーション。

 ただし、
 これがまた解せないのだが、
 似たような状況でも効かないときはオモリでも投げているような即物的な無反応っぷり。
 ぜ~んぜん完無視ってことも多々あった。
 サカナの視界に映ってないかんじ。
 なんでなのか?ど~~してなのか?わっけわからんど。
 この不可思議と不条理は、
 じつはけっこう示唆するものが多いのではないか?

 先日の札幌テムズでのタイイングデモのとき、
 落ち葉が川面を埋めるように流れ、
 そしてそれが川底を覆い尽くすように堆積している晩秋の季節における、
 ニンフのヒカリモノについての考察と実践。
 みたいな話といくつか作例実演をさせてもろたとき、
 計画ではこのニンフもセットで紹介して話したかったのに、
 脳のなかは終始アレも言いたいコレも巻きたいパニック状態で、
 この超シンプル・ニンフのことすっかり忘れてしまったのがものすご~~~く心のこりだ。

 タイイングデモ、
 偉そうなことしゃべりまくるくせに、
 何回やってもいつも反省ばかり……。

 つくづく釣りといっしょやわ。

171128(7)7.jpg

171128(8)8.jpg
 ヤツメウナギのイマージャー???????14~15センチ試作フライ第一弾。

 通ってはやられて、
 また通ってはやられて、
 それでも通ったけどやられて、
 天狗鼻情け容赦なく無慈悲にブチ折られるかんじで打ちのめされて、
 それでもめげずに通って、
 よ~やくヤツらがンガボンッ!と心臓に悪い勢いで水飛沫あげながら吸い込んでいたブツ判明。
 、
 それが水面直下をユレユレ流下しているヤツメウナギだったのですよ……、
 でもね~、
 このフライの至らぬ点やカユイところをふまえて、
 新たに改良した第二弾フライでいざ勝負!とおもったら、
 時期が終わったんだかなんなんだかピターッとヤツメウナギの流下とまっちゃって……、

 嗚呼オトコの純情もてあそぶヤツメウナギ悲恋慕情。

 ヤツメウナギを水面直下から30センチくらいの層にヘロヘロ~ッとナチュラルに流したい。
 場所の制約でほぼライズの下流からアプローチすることになる。

 ぜんぶ一投目が奇跡の瞬間、
 グワバンッ!ってものすごいから……、
 なんつって、
 盛ってしゃべったわりに、
 これだけ通いつめて一勝二敗の完全敗北感。

 はじめてこのフライをライズにむかって投げた一投目に出たのはフライをガッポリ飲んだ。
 よっしゃ!これでここのニジマスぜ~~んぶワイのもんや~~~と心のなかで雄たけんだメチャガッツポーズ。

 という心の声が聞こえてしまったのか、
 その日は釣ったのよりもぜんぜんでかいのがず~っと激しくライズしていたけれど、
 オレの八つ目がス~ッと流れるとしばらくシーン。

 明けて翌日、
 また一投目にドラマ。

 ほんの目の前でドワバッ!とものすごい食いっぷりで、
 半信半疑だったきのうよりも全然確信に満ちてグイッとあわせたつもりなのに、

 ギーーーーーと走られグッと止めて竿ためたらスカッとバレた。
 唖然とした。

 その後数日、
 どんどんライズの数も減ってきて、
 なんかさびし~感じになってきたとき、

 ようやくまたチャンスの一投目、
 
 もうさ~ここまで粘着しちゃうと逆にもう気持ちが負けてしまっていて、
 負のスパイラルがハンドスピナー状態。

 カスッとバレた。
 ほんまこの川きびしいわ。

 んで、
 負けてられへんで~と奮起したら台風で……、
 悶々悶々しながら落ち着くの待って、
 その間に捏造した新作を4Xにくくりつけて川を渡渉してポイント目指してみれば、
 シーーーンて……いつまで待っても無慈悲な無生命感。

 この夏、
 このような想定外の初体験をしたんですよ、

 デモのときの休憩時間、
 茶飲み話ついでに皆さんにこのフライを見せびらかしたら、
 なぜだかビビッときてガブッとくいついてこられた方が何人かいらっしゃって逆にビックリした。

  
171128(9)9.jpg
 超かっこいいリールと胸がキュンと焦がれる背ビレ。

 マイトロフィーの全身像もいいけれど、
 むしろ背ヒレとか脂ビレとか尾びれとかの各部位アップ写真眺めて思い出に浸り脳内妄想ひろがって、
 ハア~ンハア~ンため息をつくマイナス十何度の切ない夜です。

 モロダシよりもチラリズム派なのです。

 さ、
 巻こ。


copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.