FC2ブログ
BIZENアングラ・アングラーズ
フライフイッシングとフライタイイングに関する話題など
201808<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201810
当ブログ720回更新記念「ジョックスコット・ナイン」
180202(1)1.jpg
 まえにも書いたかもしれないけど、
 これまで当ブログでとりあげたフルドレス・サーモンフライのなかでブッチギリの登場回数なのがジョックスコットだ。
 ほぼ毎年なんらかのカタチでかならずとりあげているはず。
 
 にもかかわらず、
 好みに合わないとかそういうんじゃなくて、
 ましてやキライだとかそういうのでもなくて、
 ぶっちゃけた話し駆け出し時代のころジョックスコットにはそれほどの想い入れはなかった。 

 もちろん、
 このフライの歴史的な背景やその意義などをおもえば、
 フルドレス・サーモンフライのみならずウエットフライ全般を語るうえで、
 けして欠くことのできない最重要フライであることは、
 こんな仕事をしているのだから充分に理解しているつもりだ。

 だけど、
 個人的に好きで挑戦したいパターンはほかにいくらでもある。

 ではなぜ、
 これほどまでにジョックスコットを巻き倒してきたのかというと、
 単純に多くのお客様にありがたいご注文をいただいたから。
 仕事としてたくさんのジョックスコットを巻きつづけることになった。

 そのうえで自分の心底からの実感としてあらためて言いたい。
 いや、
 確信として言い切りたい。

 ジョックスコットにはじまりジョックスコットにおわる。

 巻くたびごとに「学び」があり「発見」がある。
 そしてそれは、
 知らず知らず長い時間をかけて自分のなかで育んだ糧として、
 まるで進化の過程のように多方向に枝分かれしてひろがり、
 その枝の先端はいまもなお成長を止めていない。
 それが、
 どこまで伸びつづけていくのか、
 その先はじぶんにもわからない。


 もしこの世界を趣味のなかだけで留めていれば、
 じぶんはこれほどまでにジョックスコットを巻くことはなかったはず。
 それよりもなによりも、
 「万事に通じる」この真理に気づくこともなかった。

 感謝の念ひとしお。
 そりゃあ謙虚なきもちになりますよ。
 


180202(2)2.jpg
 トラディショナルなオリジナル・ジョックスコット。



180202(3)3.jpg
 モダン・アレンジなミックスド・マリッドウイング・ジョックスコット。


180202(4)4.jpg
 ヒグマの金毛に赤青黄色のポーラーベアーをブレンドした私的ヘアウイング・ジョックスコット。


180202(5)5.jpg
 ホワイトティップ・ターキーをメインウイングに、
 赤青黄色とスペックルド・バスタードをあしらった私的ジョックスコットのディーウイング・スタイル。


180202(6)6.jpg
 転じてフロリカン・バスタードをメインウイングに据えた私的ジョックスコットのディーウイング・スタイル。


180202(7)7.jpg
 ブラック・ヘロンをハックリングした「Jock O’ Dee」オリジナル・スタイル。
 スペイフライのジョックスコット・ヴァリエイションとなるトラディショナル・パターンのひとつ。


180202(8)8.jpg
 コック・デ・レオンのシェラッペンをハックリングして、
 ブロンズマラードのしたにピーコック・スゥオードを数本忍ばせた私的ジョック風スペイ・スタイル。


180202(9)9.jpg
 銀メッキのフックにちょこんと巻いたロー・ウォーター・スタイルなジョック風ウエットフライ。


180202(10)10.jpg
 ハンプバック・マリッドウイングな私的フリースタイル・ジョックスコット風。




180202(11)11.jpg

 はばたけ想像力あふれろ創造力



180202(12)12.jpg

 We are JOCK SCOTT NINE !

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.