FC2ブログ
BIZENアングラ・アングラーズ
フライフイッシングとフライタイイングに関する話題など
201807<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201809
追憶のスクイレル・マドラーと尋ね人
180210(1)1.jpg

 ズタズタに切り刻まれ、
 そしてつるっパゲに毟られたリスの毛皮にリスペクト。

180210(2)2.jpg

 まずはエンジェルヘアー的なヒカリモノをフックシャンクに巻くのではなく、
 たんに巻き止めるだけでテキトーにカットしてフワッと散らすじゃん、


180210(3)3.jpg

 そしたらそのうえに、
 短冊状ゾンカーストリップにカットしたスクイレルのスキンを載せてギュッと縛るじゃん、

180210(4)4.jpg

 んで、
 ヘッドのところにとっておきのエゾジカの毛をフレアさせるじゃん、

180210(5)5.jpg

 ほんでもってザクザクッと刈り込んでアッというまに完成。
 
 ちなみにここでつかったフックはワイドゲイプ・ショートシャンクなウエットフックの8番。
 マドラーとしてはかなり小型のサイズ。

 スクイレル・スキンをボディ兼ウイングに据えた超シンプルな私家版マドラー。

 浮かすにせよ沈めるにせよ、
 引っ張るにせよ自然に流すにせよ、
 ディアヘアーのヘッドはあまり密にフレアさせず、
 むしろスカスカに薄めにフレアさせてザクッと粗めに刈り込むのがコツ。
 で、
 浮くでなく…さりとて沈むでなく・・・サスペンド気味なバランスで水馴染みが良いほうが断然使い勝手がよく、
 かつ真価を発揮する。

 もはや15年くらいまえ、
 フライロッダー誌の連載記事で紹介させてもらった、
 当時マドラー系といえばコレばっかつかっていた懐かしいフライのひとつ。

 特大サイズでもマイクロ・サイズでもムリなく巻けて、
 粉状フロータントまぶせばポカッと水面高く浮いてテレストリアル系、
 リスの毛だけを濡らしてヘッドにジェル状フロータントつけてヘッド浮かせてボディ半沈みでヒゲナガのフローティングピューパ系、
 はたまたウエットフライとして沈めてスイングさせればマドラーの本領発揮、
 さらに川底ごろごろ転がしたり引っ張ればスカルピンやらストーンフライ、
 しかしてその実体は……どのようにでもつかえるとことんファジーなキューティ・ハニー的マドラー・ミノー。

 このフライをつかって、
 いろんな釣り場で、
 いろんな状況で、
 いろんな体験をした。

 話したいことは山ほどあるんだけど、
 ここではきわめて個人的な私信を……、

180210(6)6.jpg

 数年前のこと、
 仕事のうえでへこみまくっていて、
 たまりかねてそのことを当ブログにありていに書き綴ったことがあった。

 そのとき、
 見ず知らずの方からとっても気持ちの伝わる励ましのコメントをいただいて、
 ほんっっとにもうどんなにかありがたかった。
 
 その方いわく、
 「いまでも釣りに行って最初に結ぶフライがこのスクイレル・マドラーなんですよ」
 との由。

 そしてそのコメントの締めくくりに、
 北海道のとある町から応援しておりますよ、
 とあった。

 ところが、
 そのコメントは返信無用になっていてなすすべがなく、
 今もすごく心残りのままになっている。

 そしてそれからさらに数年後、
 その町にひろがっている釣り場に通えば通うほどに、
 ここが好きで好きでたまらなくなって、
 そしたらまるでお導きのように水辺で良きご縁がかさなって、
 そこから話はとんとん拍子に進んで、
 一念発起とうとうこの町に引っ越してきてしまいました。

 その際、
 まず真っ先に思い出したのはこのコメントをくださった方のこと。

 ちいさな町だし、
 ましてやフライフイッシングなんて狭い世界、
 きっとこの方にもすぐ会えるだろうなと思っておりました。
 ぜひともお会いしてお話したいな友達になれたらなあ……なんて。

 と、
 ひごろ常々アンテナを立ててウォンテッドしておるのですが、

 ところが、
 世間はいつもものすごく狭くておどろくことがよくあるのに、
 肝心なときにはものすごく広くって……ままならないものです。

 その後いかがお過ごしですか?

 くれぐれもご無理なくお気遣いなく、
 もし気が向いたらでいいのでご連絡いただければすごくうれしいです。
 
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.