FC2ブログ
BIZENアングラ・アングラーズ
フライフイッシングとフライタイイングに関する話題など
201807<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201809
インチワーム狂想曲
 180802(1)1.jpg
 2Xロング・ストレートシャンクの8番に巻いたロングボディなパラシュート。

 吸水性に富んだレーヨン素材各色を、
 モンカゲの羽化直前のニンフの色調にブレンドしたものをほっそ~くボディにダビング。
 ソラックスはツキノワグマのアンダーファーをちょい毛羽立たせ…これがまたモンカゲのニンフの透明感のあるくすんだ色にそっくりで…、
 ハックルはファーネス…ハックル中央部の黒い部分でモンカゲのウイングケースを表現して…、
 テイルはヘン・コック・デ・レオンのチカブーのファイバー数本。

 んで、
 これにジェル状のフロータントをゴシゴシ擦り込むと、
 テイルの部分も水面膜に貼りつくように浮く。
 そのため、
 ボディが水面下に完全に没してぶら下がるように浮くのではなく、
 なんていうかボディ部分だけ水に浸って、
 まっすぐキョーツケしているようなカッコで浮く。

 羽化直前のモンカゲロウのイマージャーを暗示したパラシュート・スタイル。

180802(2)2.jpg
 
 転じて、
 やはりロングシャンク8番に巻いた、
 クリンクル・ジーロンをデルタウイング状に巻き止めたスペントウイング付きパラシュート。

 ポストの位置をボディ前方ギリギリに立てて、
 テイルはオミット…これくらいのサイズのパラシュートだと、
 このほうが着水時のバランスが良い気がする。

 やはり、
 ロングボディがまっすぐキョーツケして軽くななめ姿勢で水に浸る構造。

 モンカゲのスピナーを暗示したスペントウイングなパラシュート。

 と、
 どちらも元々はモンカゲの羽化にあわせてつかうつもりだったんだけど……、

 むしろ、
 モンカゲの集中羽化がひと段落して本格的な夏になって……、
 長雨による河川氾濫もようやくおちついて、
 かとおもったら連日の酷暑でもはや川は渇水気味、
 サカナたちはすでにハルゼミやチェルノやビートルなどなど見飽きちゃって、
 バルキーでプッシーでビッチな極太巨大テレストリアル系にスレッスレな状況になってから、
 そうしたフライを完全に見切ってしまうマスたちに、
 これらのフライがなんでか妙に好評だった場面が何回かあって……、

 「細長いボディがまっすぐ姿勢でかろうじて水面膜の下で浮いている」
 という状態が効いているのだな、
 と実感するようになって……、

 その明確な理由が知りたい、
 という課題を掲げて、
 連日ひたすら釣り呆けておるわけですが……、

 なんていうか、
 いつかきっとバチが当たるんじゃなかろうかと不安になるような、
 濃厚かつ濃密な至福釣り体験の日々。

180802(3)3.jpg

180802(7)7.jpg

180802(4)4.jpg

 海千山千の愛しき彼らとの丁々発止な捕りモノ駆け引きの日々。
 悔し涙に頬濡らした日もありました。
 己の未熟に歯ぎしりした日もありました。
 はたまた、
 勝利の雄たけびをあげた日もありました。

 そしてワタシ、
 おもったんですわかったんです。

 「なんでもっと早くからこの虫と真剣に向き合わなかったのか?」

 こうしたロングボディ以外はなんの変哲もないフツ~のパラシュートが、
 我知らず、
 ひねくれまくった巨マスに気に入っていただけた原因のひとつは……、

180802(6)6.jpg


 コイツとちゃうん?


180802(5)5.jpg

 コレは先週までのヴァージョン。

 今週はコレの反省点あるいは改良点をふまえたニューヴァージョン試作フライ多数持参して、
 目下連日集中お試し中。

 ワックワクするような課題や疑問や考察を掲げて釣りに行くと、
 もうたまらんくらい愉しいです。

 
 そしてもっちろん!

180802(9)9.jpg
 マドラーミノー毛虫化計画も目下着々と進行中。

 もっぱらクイルボディにつかっているワシミミズクのセカンダリークイルの先端部分の余りのところ、
 クイルボディにつかうには肉厚でファイバーが短すぎてつかえないけど、
 捨てるには余りにキレイでもったいないフェザーの先端部分をウイングにつかった、
 4Xロング4番の爆裂サイズ・ヒグマのガードヘアーこってり盛り盛りマドラーミノー。

 ワシミミズクの毛深くファッサ~とした質感とヒグマの金色があいまって、
 毛虫度数グッと高めのゴージャス仕様。

 ボディは金のティンセルのうえに橙色のオストリッチを乱れ巻き。
 ボッサボサ。

 なんちゅうてもこのサイズのフライが、
 ポッカ~ンと水面に浮いてるわけやから、
 ドバンッ!と水面蹴散らして喰いつくとおもうやろ?

 ちゃうねん、
 たいていグボッとかジュボッとか音たててフライが水面下に引きずり込まれるかんじ。
 
 たまらんで。
180802(8)8.jpg
 んで、
 ひと呼吸おいてグイィィッと合わせると……、

 たまらんで。

 イモムシ毛虫語りたいことはもう山ほどあれど……、
 スイマセン、
 いまはそのような駄文を連ねる時間も気持ちの余裕もなく……、

 今日も今日とて、
 出かけずにはいられない脳内イモムシくねくね。 

 それじゃーまたね。

 
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.