FC2ブログ
BIZENアングラ・アングラーズ
フライフイッシングとフライタイイングに関する話題など
201910<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201912
私家版ビッグサイズ・ドライフライ・アラカルト販売のご案内
191004 (4)4

191004 (5)5

 エゾジカとヒグマの毛で巻いた、
 私家版大型サイズ・ドライフライ各種の詰め合わせアラカルト・ボックスを、
 限定で3セット販売のご案内です。



191004 (1)1

 ボックスA 合計20本 売り切れです。



191004 (2)2

 ボックスB 合計18本 売り切れです。



191004 (3)3

 デラックス 合計24本 売り切れです。

 以上の3セットになります。

 ご注文は bizen-m@olive.plala.or.jp まで、
 ご連絡おまちしております。


 各ボックスの内訳と内容は、
 この冬にじっくり販売させていただこうと計画している特選エゾジカとヒグマのスキン素材を、
 まずはなにをさておき自分が「これはサイコウ!」とおもえるまでテストしまくるために、
 昨年の暮れから今シーズンはじめにかけて、
 それらのスキン各部位の毛をバッサバサ切りながらアレコレひたすら巻きたおして、
 ハイシーズン中はズッコンバッコン釣りまくったフライたちのストック分が中心です。

 想い入れ度数ヒジョーに高めです。

 そしてさらに、
 雑誌記事や当ブログにてすでに掲載したフライや、
 これからクドクド詳解しながら掲載するつもりのフライたちもはいってます。

 そんな、
 おもいっきり個人的シークレット臭プンプンの私的カスタム・タイドなスペシャル・フライズです。

 もちろん、
 ビッグサイズ・マシュマロビートルや、
 ヒグマとエゾジカのコラボで巻いたマドラーミノーといった、
 もはやすっかり当社ベストセラーとなった定番ドライフライたちも、
 私家版チューンアップ仕様満載でラインナップしております。

 が、
 各ボックスともに最大の見どころというか興味の目玉は、
 なんといってもヒグマの毛のみで巻いた超ファジーなドライフライ各種各サイズと、
 エゾジカの毛を活用した簡素な巨大ヘアカディスとハルゼミ・フライ軍団でしょうか。

 どちらも、
 一見するとなんじゃコリャ?とおもうようなモジャモジャ・フライズですが、
 ワタクシ的に蝦夷フライズ・プロジェクトを代表する、
 というか、
 北海道産素材にこだわりたいキッカケをくれた特選必殺ドライフライのスタイルです。
 
 お求めいただいた方には、
 各ボックスともに手書きではございますが、
 各フライの名前と簡単なコメントを添えたお手紙を添えて送らせていただきます。

191004 (6)6

191004 (7)7

 どうぞよろしくお願い申しあげます。


copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.