BIZENアングラ・アングラーズ
フライフイッシングとフライタイイングに関する話題など
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
ビックリ仰天
 見て見て・・・・
 この水面に浮かんでるの・・・コレ、なんだかわかる?
20060718230807.jpg

 どでかいプールの岩場に出来た水溜りの水面を、ぜ~んぶ埋め尽くしているのは、ヒゲナガの抜け殻・・・・。
 その規模は、この日一緒に釣りに行った友達が、この水溜りをまたいだ瞬間の影が水面に映ってるので、それと比較してみて・・・・けして小さくない。
 
 なんか・・・・・やばくね?

20060718230842.jpg

 で、ややアップ。
 
 なんちゅうか、えびせんとかカールとか、乾き物のお菓子が水にふやけて浮かんでるみたいと思ったボクは、イメージ貧困ですか?
 
 きっと恐らく、この三日ほど前に少し雨が降って川の水がやや増えた時に、この岩場の上流にある大きくて長い瀬あたりで、一斉に羽化したやつの抜け殻の一部が、ココに流れ着いたって感じだ。
 抜け殻の色が、ほのかにピンクがかった薄い茶色に変化してるってことは、けっこう時間が経ってると見ていいはずだし。
 
 いや~、しかしすごいわコレ・・・今までも、アチコチの川の岸辺でヒゲナガのシャックが吹き溜まってるのを見て、いちいち感動してきたけど、これはその量も規模も、ボクが見た中ではダントツでケタ違い。

20060718230909.jpg

 で、ググッとアップ。
 
 殻の中に、空気の粒が溜まってるの、わかる?
 この空気の粒、いつごろから溜まってるのかなあ?羽化して脱皮した時にはこうなってるのか、それともある程度時間が経ってからこうなるのか・・・・知りたい。
 これがあるのとないのとでは、ボクらの大好きなキラメキとか、反射とか、透過光とか、モロモロ含めてかなり印象が違うはず・・・・・。

 そういえば、クレイグ・マシューズの有名な話しで、川で立ち込んで釣りしてた時、PMDだったっけ?のシャックと、シャックを引きずったスティルボーン状態のが大量に流下してきて、そのシャックが陽の光を反射してキラキラ輝いて見えたのがメチャ印象的だったらしく、これだ!と閃いたのが例のジーロンをシャックにしたスパークルダン、って話しもある・・・・。

 んだけど、この空気の粒は、そうしたジーロンの光を透過してキラメク感じではなくって、もっとストレートな印象に映る・・・・。

 この日はとてもヒマだったので、アレコレ思いながら、しげしげ観察して楽しみました。

 今年の四月初め、小雨模様の中をライズを探して、上流から下流まで走り回っただけで終わった、ため息ばかりの徒労な一日の、ちょっとしたサプライズでした。
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.