FC2ブログ
BIZENアングラ・アングラーズ
フライフイッシングとフライタイイングに関する話題など
202006<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202008
インディアン・コックハックルのレア・カラー各種とワシミミズク・クイル販売のお知らせ
 クラシック・スタンダード・ドライフライ好きのヒストリックなマニアックさん、
 はもちろん、

 ライズ中毒のハッチ・マッチャーな流下する虫っ子マニアックさん、
 にもむちゃくちゃおススメ。

 はたまた、
 サイトフイッシングはもちろん水中を繊細に狙ってでかいの掛けたいニンフやウエット好きの第六感のマニアックさん、
 ぜひとも!

 そして、
 どでかいドライフライでどでかいのが釣りたい孤高のマニアックな狩人さん、
 超ロングなハックル・ファイバーのたまらん色…あれこれ取り揃えてまっせ。

 そしてさらに、
 そのようなマニアックな釣りぜ~んぶ好っきゃねん、
 というきわめて健全なマニアックさんにこそ、
 イロイロたのしくマニアックに愉しめまっせ……ソッと耳打ちしたい。

 こうなんていうか、
 マニアックな釣りでもっと貪欲にフライフイッシング心を満たしたいねん。

 というマニアックな貴方にむけて……、

 のみならず、

 フライフイッシングのマニアックでディープなところ、
 ものすごく興味あるし、
 こんなアングラなブログだって見てるけど、
 オレまだフライはじめて間もない初心者だし、
 「な~んか敷居が高そうで」
 なんて、
 この悦楽のトビラのまえでモジモジしてるア・ナ・タ もぜひ。

 ご興味があれば、
 くれぐれもお気軽にご連絡お待ちしております。

 手ぐすね引いて待ってます。

 コッチの世界にひっぱりこんじゃうゾ。
 
 なんて、
 ど~でもいいような前置きが長くてスイマセン。
 調子にのりました。

 前回の当ブログ記事にて告知させていただいたとおり、
 実戦向けレア羽根素材各種販売のご案内です。

 各マテリアルをつかったフライ作例と素材の魅力や旨味などは、
 前回の記事にてザッと駆け足でご紹介させていただいております。

 が、
 当ブログの過去記事にて、
 これらの素材をつかったフライの作例や四方山話、
 はたまた、
 そのフライでの釣りの話などなど、
 たくさん取りあげております。


 さ、
 あとはもうクドクドクドクド言わないで淡々とご紹介させていただきます。

202009 2 (1)
 まずは、
 ひさしぶりに良質なワシミミズクのセカンダリークイルが入荷。 sold out

 ファイバーの長さも充分。
 ロングシャンク6番前後までなら余裕でボディに巻けます。
 黄褐色に濃淡の模様も鮮明です。

202009 2 (2)

 そして、
 おなじくワシミミズクのセンターテイルも入荷です。 sold out

 濃い灰色から淡いブルーダン色の大小幾何学模様の黒点がクイル全面に細かくはいっていて、
 数本のファイバーをスレッドなどと捩ってボディに巻くと、
 マダラ模様が強調されたヘアーズイヤーのような濃い灰褐色の色調になります。

 ただ、
 フリューの密度はセカンダリークイルよりも若干まばらで、
 ファイバーの長さもみじかいです。

 フックサイズ8番くらいまでなら無理なくボディに巻けます。

 そして、

 つぎにインディアン・コックハックル各種各色のご案内をさせていただきます。

 ご存じのようにこのテのハックルは同系色でも、
 個体ごとに微妙に色調や質感のちがいがあります。
 
 なので、
 ものすごい量のハックルのなかから選びに選んで厳選してきた在庫全41枚を写真に撮って、
 以下にすべて並べてみました。

 まずは茶色系ハックル中央に黒いセンターラインがはいっている、
 ファーネスやコッキィボンデュ系統からいきます。

202009 2 (3)

 ①特選コッキィ・ボンデュ sold out

 天下一品!
 濃い赤茶色のハックル中央とファイバー先端部に黒いラインがはいっている典型的なコッキィボンデュ。
 ものすごく希少かつ貴重なハックル。

202009 2 (4)

 ②特選コッキィボンデュ sold out

 天下一品!
 やや明るめの茶色の中央とファイバー先端に黒いラインがはいっています。
 ハックル先端部が白くなっているハックルがまじっているように、
 ハックル全体の色調が画一的ではなく茶色の濃淡両方のハックルが採れます。

202009 2 (5)

 ③特選ファーネス sold out

 天下一品!

 ダークジンジャーというより明るめの茶色に、
 黒のセンターラインが鮮やかにはいっています。
 大型サイズに最適のハックルが大量に生えています。

202009 2 (6)

 ④特選ファーネス…というよりもグリーンウェル sold out

 天下一品!

 濃厚な茶色と明るい茶色がグラデーションがかっており、
 センターラインの黒もファイバー中央にむけてかすかにグラデーションがかった非常にユニークなファーネス。
 私も初めて見ました。
 これも大型サイズにうってつけのハックルが大量に生えています。

202009 2 (7)

 ⑤ダークファーネス sold out

 より赤みの強い茶色に黒のセンターライン。
 これもまた典型的なファーネス。


202009 2 (8)

 ⑥ダーク・ファーネス sold out

 濃い茶色に黒いセンターライン。
 典型的な濃いめのファーネス。
 黒のラインが黒光りしている大型サイズ・ハックルがなんともいえずすばらしいです。

202009 2 (9)

 ⑦ダーク・ファーネス sold out

 濃い茶色に黒のセンターライン。
 これも典型的なファーネス。
 発色も非常に良好。

202009 2 (10)

 ⑧ダーク・ファーネス sold out

 濃い目にくすんだ茶色に黒のライン。
 とてもクラシックで渋い色調。

202009 2 (11)

 ⑨ダーク・ファーネス sold out

 これも濃い目にくすんだ茶色のクラシック・ムードなファーネス。
 渋さ満点でかっこいい。

202009 2 (12)

 ⑩ファーネス・コーチマンブラウン系 sold out

 珍品絶品!
 黒いセンターラインとあいまって一見すると真っ黒にも見えるけれど、
 光にかざすと濃厚なこげ茶色になるファーネス。
 まるで、
 コーチマンブラウン(しかもナチュラル!)に黒いラインがはいっているようなハックル。

 ファーネス系珍品として、
 とにかくむっちゃくちゃテレストリアルっぽい。

202009 2 (13)

 ⑪ファーネス・コーチマンブラウン系 sold out

 ⑩とほとんどおなじ色調と質感。

202009 2 (14)

 ⑫ファーネス・コーチマンブラウン系 sold out

 これも⑩とまったくおなじ。

 ちなみに個人的なことですが、
 ここまで濃厚な茶色のファーネスを見たのは、
 ワタシにとってはここでご案内した3枚と、
 僭越ながら自分用に確保した1枚の計4枚だけです。

202009 2 (15)

 ⑬レッド・ファーネス sold out

 明るい茶色に黒のセンターライン。
 このテの明るい茶色のファーネスは鶏自体の特徴なのか、
 ファイバーのハリやテカリが非常に良好。
 また、
 ファイバーの長短どれも品質が安定していて、
 インディアンコック初体験の方にもたいへんおススメです。

202009 2 (16)

 ⑭レッド・ファーネス sold out

 ⑬とほとんどまったくおなじ色調と質感です。

202009 2 (17)

 ⑮レッド・ファーネス sold out

 質感は⑬とほとんどおなじですが、
 黒のセンターラインのさらに中央というかストーク付近になぜか茶色のラインがある個体です。
 レアなファーネスのなかでもさらにレア。

202009 2 (18)

 ⑯レッド・ファーネス sold out

 色調や質感は⑬とほぼおなじですが、
 ケープがひとまわり小型です。

202009 2 (19)

 ⑰レッド・ファーネス sold out

 茶色というよりも濃いジンジャーに黒のセンターライン。
 これも⑮同様ストーク付近が茶色くなっている珍品。

202009 2 (20)

 ⑱レッド・ファーネス sold out

 ⑰とほとんどおなじ色調と質感のこれも珍品ですが、
 黒のラインがグラデーションがかっているのが、
 このハックルならではの特徴。

202009 2 (21)

 ⑲レッド・ファーネス sold out

 ファーネスというよりもグリーンウェル?、
 濃い目から明るめのジンジャーに黒のラインのはいったタイプ。
 なんだけど、
 ゴールデンバジャーとは異なり赤みのあるハックルです。

 とってもマニアック。
 レオンなどと混色ハックリングしてモンカゲ巻くと素晴らしいです。

202009 2 (22)

 ⑳ピュア・レッド sold out

 なにげにありそうでない珍品。
 ハックル全体が見事にまっ茶色。

 色調や質感ともにアダムスのためにあるようなハックル。
 ファイバーにソフト感のあるコレと、
 バリッとハリのあるファイバーのホワイティング・グリズリーなどと混色ハックリングすると、
 機能的にもクラシックな見映えも素晴らしいとおもいます。


 以上がファーネス系ブラウン・ハックルのラインナップとなります。

 さ、

 まだまだいきます。
 つぎはラスティダンをふくむナチュラル・ダン系とジンジャー系のハックルご紹介です。

202009 2 (23)

 21、特選ダーク・ラスティダン sold out

 天下一品!!

 鉄錆色から赤みがかったダン色の色調、
 そしてクラシックな味わいのファイバーの質感、
 どれをとっても見事なダーク・ラスティダン。

 ヘンドリクソンやレッドクイルなどなど、
 マダラカゲロウ系のダンを表現したキャッツキル・スタンダードの、
 これぞオリジナル・カラーだとおもいます。

202009 2 (24)

 22、ダーク・ラスティダン sold out

 赤みの強いラスティダン。
 現在主流のホワイティングやメッツなどの茶色とは異なり、
 えび茶色というか濃いワインレッドというか、
 クラシックなムード満点の渋い茶色。

 クイルボディ素材としてではなく、
 ハックルやテイル素材としてつかえるロードアイランドレッド色のハックルとでもいうべきか。
 なので、
 ランズパティキュラやホートンルビーなどの古典スピナー・パターンに最高。
 のほか、
 繊細微妙な色合いを活かしたハックル薄めに巻いたマッチ・ザ・ハッチ用パラシュートなどに巻くと、
 たまらないとおもいます。

202009 2 (25)

 23、ダーク・ラスティダン sold out

 22と似た感じの質感ですが、色調はやや明るめ。
 枯れた味わいの渋いエビ茶色。

 これもロードアイランドレッド・カラーのハックル素材として最高。

202009 2 (26)

 24、ダーク・ラスティダン sold out

 これも22とほぼおなじ質感と色調です。
 こころもち色味が濃い感じがします。

202009 2 (27)

 25、ダーク・ラスティダン sold out

 全体的に22と似た色調と質感ですが、
 不鮮明な黒のラインがはいったハックルがたくさん混じっています。
 ダーク・ファーネスにするかラスティダンにするか迷うところですが、
 赤みがかったダン系の色合いなのでコチラにしました。

 渋いです。

202009 2 (28)

 26、ダーク・ラスティダン sold out

 22に似ていますが、
 ケープ後方のファイバーの長い部分はコーチマンブラウン系の茶色。
 そしてネック付近の通常サイズのドライフライにつかう部分は濃いラスティダン。
 なので、
 ラスティダンに分類しました。

 大型サイズのフライにも通常サイズのフライにもとても都合がよい、
 一枚で二種類の茶色がつかえるハックルです。


 以上がラスティダンのラインナップになります。

 ここで、

 珍品レアカラーばかりの今回のセレクションのなかでも、
 とくに見たことのなかったハックル・カラーのご案内です。
 
 たとえばホワイティングなどでは「ユニーク・ヴァリアント」として分類されている系列のカラーですが、
 ここでは色のイメージがつかみやすいように、
 いちおうラスティダンのヴァリエイションとして表記します。

202009 2 (29)

 27、ライト・ラスティダン・ヴァリアント sold out

 珍品絶品!

 全体的に赤みがかった錆び色でラスティダンの特徴が色濃いタイプですが、
 なんとハックルの中央がライトジンジャーに変化しています。

 そしてハックリングするとアラ不思議。
 ハックルの色の濃淡が調和してグラデーションがかり、
 よりナチュラルな印象の独特なダーク・ジンジャーになります。

 これ、
 じぶんも今回がはじめてのハックルですが、
 ジンジャー系の明るい茶色ハックルとして大変気に入りました。

 ファイバーの長さや質感、
 発色の良さもあわせておススメ。

202009 2 (30)

 28、ライト・ラスティダン・ヴァリアント sold out

 珍品絶品!
 これも27とおなじタイプですが、
 茶色の部分がより明るい色調になっています。

202009 2 (31)

 29、ダーク・ハニー sold out

 珍品絶品!
 基本的に27とおなじタイプですが、
 ハックル全体の色味がもっと明るくなっていて、
 そのためファイバーの茶色部分の濃いところが鮮明です。
 また、
 ハックル中央のジンジャー色がダンがかっており、
 ケープの状態で見るととても複雑な色調。

 なんですが!
 ハックリングすると全体の色が混ざって、
 なんていうかハニーダン?ちゃうの?みたいな非常に繊細で生命感のあるダンがかったジンジャーに、
 濃い茶色のアクセントがついたかんじになります。
 なので、
 ここではダーク・ハニーとして分類しました。

 ワタクシも初見、
 見つけたときは狂喜乱舞のハックルの一枚。

 これも自分用に確保した一枚とコレと30の計三枚しか見たことがありません。

202009 2 (32)

 30、ダークハニー sold out

 珍品絶品!
 これも29とほぼおなじタイプ。
 ファイバーを陽の光に透かせるとキレイな蜂蜜色。
 ゾクゾクです。

202009 2 (33)

 31、ライトジンジャー sold out

 絶品!
 典型的な、
 これぞ由緒正しきライトジンジャー。
 クリーム色ではなく黄みがかった薄い生姜色。

 銘針ライトケイヒルのこれぞオリジナル・カラーといったかんじ。
 いぶし銀の生姜色。
 クラシック・キャッツキル・ドライフライ好きにはシビれるハックルになります。

202009 2 (34)

 32、ライト・バードジンジャー sold out

 31と非常によくにた美しいライトジンジャーですが、
 こちらは淡く縞模様がはいったバード系ライトジンジャー。

 31と比較すると、
 バードジンジャー系の特徴としてファイバーが太いです。
 なので、
 大型サイズのドライフライに最適。

 2~6番サイズに巻いた超巨大ライトケイヒル……効くよ~。

202009 2 (35)

 33、ライトジンジャー sold out

 たいへんお得な絶品!

 色調は31よりもクリーム色のつよい明るいライトジンジャー。
 ケープ後半のファイバーの長いハックルには黒いセンターラインがはいっていて、
 まんまゴールデン・バジャー。

 なんだけど、
 ネック先端付近は視認性良好な明るいライトジンジャー。

 この配色、
 ビッグサイズにもノーマルサイズにも都合が良いお得なハックルです。

202009 2 (36)

 34、ゴールデン・バジャーというよりもゴールデン・コッキィボンデュ sold out

 珍品絶品!
 見た目はありがちなゴールデンバジャーですが、
 ファイバー先端部分にも黒いラインがはいっている珍品。
 ハックルの状態もきわめて良好。

 たまらなくいいです。
 ボクなんだか切ない。

 さ、

 まだまだいきます。

 つぎはダン系ハックルの珍品のご案内です。

202009 2 (37)

 35、ハニーダン・ヴァリアント sold out

 天下一品の珍品!
 ネック付近のハックル先端がジンジャー色に変化しているので、
 ハニーダンのヴァリアントとしましたが、
 ハックル全体を見て、
 心情的にはこれぞハニーダンといいたい。

 ダンがかった淡い蜂蜜色のファイバー中央のセンターラインはキレイなミディアム・ダン色。
 ところどころ赤みがかった透明感のある茶色が浮き出ており、
 なんだかもうたまらないです。

202009 2 (38)

 36、ダーク・スティールダン sold out

 珍品絶品!
 ラスティダンが赤みがかった鉄錆色ならば、
 こちらはまんま鋼鉄の色。
 そしてそこに微細なフレックがびっしりはいっており、
 ハックル中央はファーネスばりの黒いセンターライン。

 なんなのこのカゲロウの翅の色は……ってかんじのナチュラル・テイスト炸裂のダークダン。

 そしてファイバーの質感は往年のイングリッシュゲームコックやアンダルシアンを連想させる、
 しなっと柔らかく、
 それでいてコシの感じられるクラシックな質感。

 光にかざしてハックルの透過光を眺めると、
 時間を忘れてしまうので注意が必要です。

202009 2 (39)

 37、ダークダン sold out

 珍品中の絶品!
 36同様にハックルのセンターラインが濃いダン色もしくは黒、
 ファイバー先端部は微細なフレックのはいった典型的なダン色。

 すっっばらしい!

 これでクイルゴードン巻いたら、
 質感といい色調といい雰囲気といい、
 めちゃくちゃたまらないことでしょう。

 ハックルの質感と艶もたいへん良好。

202009 2 (40)

 38、バード・ダークダン sold out

 絶品珍品!
 37と質感などは似ていますが、
 ケープがやや小型。

 そしてハックルには不鮮明な縞模様が浮き出ています。
 すごくかっこいいです。

 クラシック・スタンダード・パターンにも最高ですが、
 色合いの微妙な濃淡を活かして、
 繊細なマッチ・ザ・ハッチ用パラシュートやフローティングニンフなどにつかうと絶妙かとおもいます。

202009 2 (41)

 39、ダークダン sold out

 絶品中の珍品!
 ハックルの質感や色調、
 そしてケープのおおきさなど38とまったくおなじタイプ。

202009 2 (42)

 40、ミィディアム・ダン・ヴァリアント sold out

 ホワイティング・ヒーバートなどでは「スプラッシュド・ダン」などと呼ばれているタイプ。
 ハックル先端が白くなっているハックルや、
 色の濃淡のグラデーションが鮮明になっているため、
 そのように呼ばれています。

 コレすごくおいしいハックルです。
 このタイプの色が混ざったハックルの特徴として、
 ハックリングするとそのままの色よりももっと淡い色調になります。

 しかもコレ、
 ほんのり青みがかっているので、
 厳密に言うとブルーダンではないけれど、
 ハックリングするときわめてブルーダンっぽいキレイな明るいダン色になります。

202009 2 (43)

 41、ダークダン・ヴァリアント sold out

 40と質感はそのっくりそのままおなじで、
 ダン色がより濃くなっているタイプ。
 見ようによっては黒のハックルに不規則な白い模様がはいっているハックル。
 そこに赤みのある茶色が混ざっていたりして不思議なハックルです。

 また、
 ファイバーの反射するかんじが強いので、
 黒のハックルとして巨大サイズ・ドライフライのハックルなんかにつかうと、
 もはや唯一無二の自分だけフライが巻けます。

 だって、
 このハックル、
 自分用に確保したものとコレだけしか見たことがないんだもの。

 以上のラインナップです。

 延々スクロールしていただいてありがたいです。

 さいごに、
 こうしたハックル素材の保管について。

 このハックルにかぎらず、
 ルースター・ケイプはマテリアルのなかでも特に虫のつきやすい素材です。
 が、
 北海道に移住してからはほとんど虫の被害の記憶がありません。
 きわめて杜撰な管理をしておりますが今のところぜんぜん平気。
 また、
 湿度の高い内地にいたころは、
 いろんな防虫剤をかたっぱしから試しましたが、
 ワタシは結局むかしながらの「樟脳」を信頼しています。
 「樟脳」をパックに入れて密封し、
 陽の光に当てなければ、
 とくになにもしなくても問題ないとおもいます。

 そしてもし万が一、
 不幸にも虫食いを発見してしまったら、
 ハックルケイプのうえをハックルごと掃除機でゴーッと吸ってホコリや虫や卵などを吸いだし、
 そのあと「樟脳」をいれて再度密封するという、
 手抜きかつ荒っぽいことをして保管しております。
 が、
 長年それでやってますが特に問題を感じていません。

 ご参考までに。
 
 というわけで、
 ご注文はご希望のハックルの番号をお知らせください。
 そして、
 お名前と送り先を明記のうえ、
 bizen-m@olive.plala.or.jp
 
 まで、
 ご注文お待ちしております。

 どうぞよろしくお願いいたします。


copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.