FC2ブログ
BIZENアングラ・アングラーズ
フライフイッシングとフライタイイングに関する話題など
202006<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202008
準備
200217 (6)6

 金と黒のヒグマの毛を流れになびく水藻に見立てて、
 そのうえを群れ泳ぐベイトフイッシュたち。

 まっキンキンだったり、
 真っ黒だったり、
 毛の先っちょだけ金色だったり、
 いろんなヒグマの毛を、
 とっておきの秘蔵ハックルあれこれで挟んで巻いたストリーマーたち。

 華やかに仕上げるつもりが、
 なんだかものすごく妖艶なかんじ。

200217 (1)1

 ただいまハンドクラフト展 at 浅草(2/21~23)そしてタイイングデモ at 大阪ビギナーズマム(2/29~3/1)の準備中。

 もうだいぶまえ、
 タイイングデモ専用のキットなんかも用意して、
 準備なしですぐにでも出かけられるようにしたりしたこともあったけど……、

 けれど、
 それだとどうもしっくりこない。

 ただでさえ慣れない環境でフライを巻くのに、
 たまにしかつかわない道具やずっと仕舞いっぱなしのマテリアルだと、
 なんだか気持ちが落ち着かない。

 やっぱ手に馴染んだいつもの道具と、
 そのときつかっているマテリアルを持参して、
 熱のこもった旬の素材をつかって、
 こなれた指先で臨みたい。

 そんなわけで、
 イベントやタイイングデモの準備は、
 まず自宅の作業机をいちいちかたずけるところからはじまる。

 我ながらものすごい非効率。

 机のうえでゴチャゴチャになっているツールやフックをまず整理して、
 あとからあとから机のうえに積まれていくままになっていたマテリアルを仕分けして……、

 そうすると、
 もう出てくる出てくるクリップに挟んだ使いかけのマテリアルの余り。
 あとでまたつかおうとおもって、
 几帳面にクリップに挟んでおいたのはいいけれど……、

 そんなのすぐキレイさっぱり忘れてしまって、
 目の前にあるのに視界から消え失せ、
 そしてどんどん新しいのを切り刻んで、
 またすこし余ったら丁寧にクリップに挟んで保存して……そして忘れる。

 すぐ目の前の机のうえにあるんやで。

 でも忘れる。

 そして、
 このようにデモの日がちかくなって、
 作業机をかたずけはじめたらようやく思い出す。

 「モズのはやにえ」ですな。

 もはや、
 イベントやデモ直前の風物詩。

 と、
 そのようにクリップに挟んだまんま、
 作業机のうえでずっとほったらかしにされていた、
 つかいかけのヒグマの金毛の余りを集めてみれば……、

 意図せずして、
 ひとくちにヒグマの金毛といっても、
 こんなにイロイロ個体差があって、
 身体の部位によっても変化するんですよ、
 という解説写真になりました。

200217 (2)2

 ボディに巻いたロードアイランドレッドのハックルストークを、
 艶出しと補強のためにヘッドセメントを塗布したいけど、
 接着剤がウイングにベチャッとなるのイヤじゃん。

 なので、
 クリップでウイングを挟んでおいて、
 それからボディにヘッドセメントを塗布して、
 コーティングしたボディを乾かしているところ。

 ほかにもタイイングのちょっとした場面でクリップの出番はたくさんある。

 そんなわけで、
 作業机のうえはもうクリップだらけ。

 大中小のクリップがそこらへんにゴロゴロ転がっている。
 なので、
 切り出したマテリアルが「ちょっと量が多かったかな」なんておもったら、
 すぐ挟む。

 そしてすぐ忘れる。

200217 (3)3

 黒毛のヘアー先端にちょこっとだけ、
 しかし鮮明にクッキリ金毛がのっているタイプのヘアーをつかってみた。



200217 (4)4

 ハックリングしたのもあるで。

 こちらはヘアー全体が金色がかっているのをウイングに据えて、
 芯黒ファーネス・ハックルの色調と対比させてみた。



200217 (5)5

 それではみなさん、
 東京と大阪にてお会いいたしましょう。

 たのしく、
 そして有意義に過ごせますよ~に……。

200217 (7)7

200217 (8)8


copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.