BIZENアングラ・アングラーズ
フライフイッシングとフライタイイングに関する話題など
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
ホップ・ステップ・ジャンプ
 ネチャネチャ酷暑&ウザ台風お見舞い申し上げます。

160823(1)1.jpg

160823(4)4.jpg

 わが身の体たらくを晒しますが、
 ここ数カ月ほど、
 左手の中指の第一関節のところがカッチカチに固まって「タイイングだこ」になりました。

 タイヤー業だとのたまうならば、
 それが本来のあるべき姿ではあるのですけれど、
 
 恥ずかしながら、
 こんなの何年ぶりやろか?

 いろいろと、
 反省しきりの夏です。

160823(5)5.jpg

160823(6)6.jpg

 ご購入くださった皆様、
 かさねがさね、
 ほんとにありがとうございました。

 注文したのはええけど、
 いつ完成するのや?と待っていてくださっている皆様、
 不安な気分にさせてほんとに申し訳ありません。

 くっそナメクジ進行ほんとにいかんともしがたいところで恐縮しきりですが、
 くっそトロイぶん気合いだけは一巻き入魂で巻かせてくださいね。
 お待たせしちゃってほんとにスイマセン。

160823(10)10.jpg
 もう市場に出回ってますか?

 ホワイティング「ヒストリックス」のグリズリー。
 これおもしろいの、
 黒い縞模様が「幾何学模様」のようにカクカクしてる。

 これでアダムスやグレイフォックスのハックル巻くと、
 ちょっとときめくファジー感。

160823(9)9.jpg

 これも「ヒストリック」なんだけど、
 こんなのがこれからどんどん市場に出回るなんて……、 

 いろいろ落ち着いたら、
 い~~~っぱい話したいことがありまくる。

 なんちゅうても、
 何年ぶりかのごっつい「タイイングだこ」
 ず~~っとクルクルクルクル巻いていたら、
 イヤでも、
 ハッと思いついたり、
 アッこれイケル!
 なんて発見は日々湧水のように溢れ出てきちゃって……、

 もうたまらないの。

 とりあえず、
 そういうの現場で試しまくってくるで~。

 とりいそぎ。
津留崎 健 「写真展」・釣りとアート展 in 岡田紅陽写真美術館 at レジェンド忍野
160723(3)3.jpg



160723(4)4.jpg


160723(5)5.jpg


160723(6)6.jpg


160723(7)7.jpg
 
 先週末、
 見学に行ってきました。

 いろいろと、
 見応え充分で愉しんできました。

 独りでそれぞれの展示を深く深~く見入るのもよし、
 釣り仲間同士だとワイワイ会話が弾むこと必至、
 フライに興味ない子と見学してもイロイロ解説しがいもあり
 「なんかワケわからんけど良い趣味じゃん」とおもってもらえる?
 そんな展示でした。

 観る知る愉しむ三拍子の盛りだくさんの内容。

 たいへんお勧めです。

 で、
 このチラシをもらって気がついたんですが、
 忍野村のマークすごくいいねメチャおしゃれ。
 湧水の里ですね。
 ティアドロップのカタチって流水をみて落ち着く感覚に似た和み作用あるよね。

 話し変わるけど、
 この美術館て、
 富士急ホテルの跡地に建てられたんやんな?

 生まれてはじめてブラウン釣ったのは、
 この向かいのプールの流れ込みのところだった。

 ハタチのとき。

 なんちゅうてもハタチや、
 はっきりゆうてその40センチくらいのブラウン初体験は、
 当時の自分にとっては脱どうていと同じかそれ以上のひと皮剥けた感覚。
 「あ~オレも大人になったで~なんちゅうてもあの忍野のブラウン釣ってんからな~」
 
 あれから32年後、
 その場所にじぶんのフライが飾られているなんて……、

 想像もしませんでした…と書いて感慨深いムードで〆よかとおもったけど、
 ちゅーかようかんがえてみたら、
 こんな仕事してること自体その当時想像すらもせえへんかったわけで……、

 嗚呼ドラッグ人生ナチュラル・ドリフトときどきフラッタリング。
 早アワセはご法度よ……。

160723(1)1.jpg

160723(2)2.jpg
 そんなわけで、

 みなさ~ん巻いてますか~?

 猛禽通信でえ~す。
 小麦色のと黒いの数本づつ束にしてヒカリモノも添えて捩じってグルグル巻いてみ……、
 また新たなアイディアの世界が開けますぞ。
感謝御礼
160706(1)1.jpg


 ぼくの20代のころの読書を象徴する本は、
 もうなんといっても沢木 耕太郎さんの「深夜特急」。
 同じような方、
 きっと同世代にはたくさんいるとおもう。

 
 
 この回のタモリ倶楽部は、
 そんな「深夜特急」への最高のオマージュだとおもった。

 おもえば30代のころ、
 「深夜特急」のメッチャあざといドラマ版みたいなんが話題になったとき、
 複雑な気分で観たけど途中でやめた。
 おもいきりシラけた。

 ピュアな思い出をそっとしといてくれよ、
 という気分だった。

 40代半ばのとき、
 函館に越してきた8年前、
 帝王デパートの本屋で出たばかりのこの本を見つけた。

160705(1)1.jpg

 「深夜特急(最終便)ついに刊行」やて……。
 
 …え~まだやんの~…、
 せっかくあのチャラいドラマのシラケ気分もすっかり忘れてたのに~。
 思い出してしもたやん……野暮だなあ。

 と、
 それでもやはり買い求めて、
 いくぶん斜め下な辛口批評で読みはじめた。

 でも読みはじめたら、
 「深夜特急」の最終便にふさわしい一冊だとおもった。

 160705(2)2.jpg
 「JIGUMO」TMC226BL#8 

 ホワイティング4Bのグリーンウェルのネックを普通サイズにびっしりハックリングして、
 そのなかにグリズリー・パルドのサドルを二回転割り込ませてハックリング。


160705(3)3.jpg
 おくればせながら、
 【訃報】元・世界ヘビー級チャンピオンのモハメド・アリ氏、死去

 ボクシングはまったくの門外漢だけど、
 アリの時代のヘビー級は格別の感あり。




 いや、
 むしろ「キンシャサの奇跡」をキングストンのゲットーの人々が、
 どのような想いで見つめていたのか、
 というところに万感の念を寄せたい。



160705(4)4.jpg
 カイト(トンビ)のセカンダリークイルをボディに巻いた、
 6番ロングシャンク巨大ヘンドリクソン風。
 
 このサイズになると、
 ドライフライハックルとしてコック・デ・レオンやグリズリー・パルドのサドルが大活躍。

 
160705(5)5.jpg
 ジグモのカイト・クイル版。
 モノトーンのグラデーション・ボディ名づけて「小タランチュラ」で……、

 グリズリー・パルドのサドルを二回転ハックリングしたその根元に、
 ホワイティング・ヒーバートのファーネスのネックをびっしりがっつり厚巻きハックリング。
本日晴天
160610(7)7.jpg
 ちょっとまえ、
 大阪の釣り仲間のたまひろさんから電話があった。

 「今年の北海道遠征の日取りが決まりましたのでお知らせします~」

 「今年はあそこのダム湖にも行ってみよかとおもってるねんけど、
 ビゼンくん行ったことある?」

 「いや、行ったことないんで、こんど行ってみよとおもってるんですけど、
 あそこって、フローター浮かべてもかめへんのやろか?」

 「あ~、フローターなあ、アレおもろい?」

 「おもろいもなにも、サイコーでっせ。母の胎内の羊水に浮かんでたころの記憶が蘇りますよ」

 「ホンマかいな、でもそれ68年前の思い出やからな~。懐かしすぎてもう忘れてしもてるんとちゃうやろか」

 そうなんや、
 たまひろさん今年68歳なんや。
 ぼくよりも二回りお兄ちゃんやんか。
 すっかりタメ歳感覚で気安くしゃべってたやんか。

 かんがえてみれば、
 たまひろさんとは昨年の初夏、
 とある釣り場で知り合ったばかりだ。

 もうずいぶんまえから、
 仲良くしていただいている気がしてしかたがない。

 フライフイッシングの魔法だよ。

160610(2)2.jpg
 昨年のちょうど今ごろだったっけ?

 朝から冷たい雨が降りそぼり、
 釣り場へつづく駐車場まで来てはみたけれど、
 とても水辺に出撃する気にならない。

 グダグダしているとき、
 その駐車場でトンビの羽根をひろった。

 「ビゼンくん、どっか雨しのげるとこで、あったか~いカッフェ飲も」
 と、
 たまひろさんが言った。
 「大さんせー。ついでにこのトンビの羽根でフライ巻こっと」
 「あんた、オシャレなことするね」

 「完成いたしました。道北産トンビの羽根ボディと道南産エゾジカの脇毛ウイングに、
 モンタナ産グリズリーの原種ハックル添えクリンクル・ジーロンまぶしエックス・カディス風モンカゲ・イマージャーの和風すがた焼きムニエルの8番でございます」

 「うわ~、カラッと焼いてあるね~」

 「ご賞味しはる?」

 「え?マジ?するする!でもエエの?貴重な一品でっしゃろ?」

 「ええですよ、もういっこ作るから」

 「しかしシェフ、こんな暗がりでようもまあ、そんなテキパキお仕事しはりまんな」

160610(8)8.jpg
 「素材にもこだわってますねん。最高級のジビエでっせ」

 「さすがシェフ。トレトレピチピチやね」

 んも~~このホメ上手ノセ上手さんめ……「もういっこ作ろかな」


 雨があがった午後おそく、
160610(3)3.jpg

160610(4)4.jpg

160610(5)5.jpg
 愉しいひとときだった。

 今年もぜひぜひまた御一緒させていただきたいとおもっていたけれど、

 「いや~、今年はねえ、ちいさな目標がいくつかと、ぜひとも叶えたいおっきな目標がひとつあって、
 その遂行のために長期遠征だいぶ控えてちょっときばりたいんですわ。
 お会いしたい気持ちはいっぱいあるんですけど、その時期はちょっとムリかな~」

 「あ~、かめへんかめへん。どうせ冬になったら大阪に帰って来るときあるやろ?そのとき、またエエお店連れていくし」

 「ほんまに?期待してますわ~」

 「ほなきばってや」

 「あざっす。きばります」

 「ほなまたね」

 「ほなまた~」

 さ、
 がんばり過ぎずにがんばろう。
柚子こしょう
160512(1)1.jpg
 WET PANDA #6 邦題「びしょ濡れパンダ」
 ま、
 ワタシのやることなんか、
 こんな程度のもんですよ。

 かれこれ15年ほどまえ、
 アメリカ東海岸に独創性ということにかけてはまさに「他者の追従を許さない」タイヤーの方がいて、
 その方のフライを初めて見たとき、
 世界ってつくづく広いな~とおもった。
 が、
 いかんせん露出度というところに積極性はまるでなかったので、
 そのころから知る人ぞ知る方だったんだけど、
 いつのまにやらまったく痕跡を見なくなってしまっていた。

 あるときからピタッと雲隠れされちゃった。

 もちろんその当時なにがあったのか、
 どのような心境の変化があったのか知る由もない。

 なんだけど、
 ほんの二か月ほどまえ、
 その方のブログを見つけた。
 二年ほどまえからはじめられたようだ。

 とはいえ、
 フライの話題はなしに等しく、
 一応「BUG MAKING」なんて項目もあるんだけど、
 もうずっと準備中で、
 オープンに向けて準備されている様子はまだない。

 もっぱら絵描きさんとしての作品に関する内容。

 で、
 そのブログの中心になっているのは、
 墨のようなインクをつかって、
 猫のさまざまな姿態を、
 サーッとひと筆描きのように簡素な絵に描いて毎日更新。

 そして現在126日目。

 そんなわけで、
 この二か月というもの、
 朝起きたらまずは猫の墨絵を眺めながら珈琲をすすり、
 ダラダラダレダレしつつようやくタイイング机のまえに座ってみるけれど……、

 それはさておき、
 自分もなにか創造したい製作したいという奥底からの衝動をかきたててくれる、
 っていう人や物に出会うということは本当にむずかしいこと。
 
 御本人の全くあずかり知らないところで、
 15年まえも今現在も、
 とってもお世話になってんですよ。

160512(2)2.jpg
 その方が15年まえに巻いたフォームの蜂。
 もちろん御自身の作。
 ええでしょ?役得やで。

 真似したり使おうとはおもわないんだけど、
 にもかかわらず創作意欲やイマジネーションの源になるっていうのは、
 逆にものすごいことではなかろうか。


160512(3)3.jpg
 黄金週間の数日前、
 被災地にてがんばっておられる釣り仲間の知人とメールを交わしていて、
 その話しの流れから、
 もうほんとにとるにも足らないタイイング素材を、
 「それじゃ、ぼくが少しだけ持ってるのを送ります。はんぶんこってことで」
 べつに被災されたからとかそんなのでもなんでもなく、
 そんなんだったらお世話になってんだからプレゼントさせてよ、
 くらいのものすご~い軽い気持ち。

 で、
 それを封筒に入れて送らせていただいた。

 ら、
 数日後、
160512(5)5.jpg

160512(4)4.jpg
 怒涛の「3倍返し」されちゃって……、

 なんかちょっと、
 お恥ずかしい気持ちになった。

 のも束の間、
 すぐさま関西風タヌキうどんをこしらえて、
 「柚子こしょう」と、
 それを送ってくださった方のお気持ちを、
 たっぷり効かせていただきました。

 たいへんにおいしゅうございました。

 今夜は、
 どんな料理して「柚子こしょう」いれよかな~と逡巡しているところです。
 
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.