BIZENアングラ・アングラーズ
フライフイッシングとフライタイイングに関する話題など
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
アーガス・セレナーデ
170322(8).jpg
 レオン雄のコンプリートウイングのセカンダリークイルの根元に生えている、
 ウイングカバー部分を水に濡らして半裂きにしてセパレーター処理したものをボディハックルに巻いた小型ディーウイング。

 つかったフックはTMC202SP の6番。

 バリッというかブルンッというか、
 ハリとコシのある適度な長さのファイバーで、
 タイガーヘロンもかくやの鮮明な霜降りマダラ模様。

 なんちゅうか、
 一歩先行くモダン・ハックル的未来感?


170322(6).jpg
 そしてジュラシックな妖鳥アーガス・フェザントのセカンダリークイル。
 

170322(7).jpg
 かつて、
 私の家にはアーガス丸ごと一羽分のセカンダリークイルがありました。
 というか、
 一羽丸ごとおりました。
 それはそれは壮観だった。
 圧倒的でした。
 「こんなん一生かかっても使い切れへんなあ」
 とつくづくおもっていた。
 
 が、
 お世話になった友人にセカンダリーを一組進呈したほかは門外不出。
 後生大事にがっつり抱えておりました。

 そしてあれからもう早10年あまりの時が流れ……、

170322(1)1.jpg

 

170322(2)2.jpg




170322(3)3.jpg




170322(4)4.jpg




170322(5)5.jpg

 バッツンバッツンてかんじでザクザク切っていると、
 やっぱなくなるんですねアーガスといえども。

 気がついてみれば確実に、
 終わりが見えてきた在庫量。

 が、
 自分のフライタイイングにおいて、
 この羽根との出会いがなければ……、
 くらいに感謝したい勢いで後悔はまったくないんですよ。

 でもヤッパこれからはチョビット計画的にネ。


  
右とぉ~いわれりゃ左をぉ~向いぃぃてぇぇ~♪
170316(1)1.jpg
 サイズ4番ロングシャンクのラウンドベンドなサーモンフック。



170316(2)2.jpg
 ドテっ腹にゴムぶッ刺した。

 タランチュラなホワイトウルフ。

 
 



170316(3).jpg
 ヘビトンボの幼虫。

 ムカデの脚のような鰓と突起物を、
 どのように表現するかが問題だ。 

 ただ、
 それが出来たからといって、
 釣果に影響することは全くないだけでなく、
 こうしたプラモ系リアル路線など愚の骨頂だ、
 という意見には誰よりも大賛成だ。

 だが、
 このような「おふざけと戯れ」をカタチにするためには、
 工程ごとにアレコレ考えなければならない、
 そのムダな思考と実践は、
 それまで思いもしなかったアイディアやアプローチを多方向に、
 また多分野にひろげてくれることに気がついた。

 このヘビトンボは約一カ月ほどまえに製作したもの。
 いまこうして眺めてみると微笑ましく懐かしい気がする。

 濃厚な瞑想虫作りの日々だ。
 
170316(4).jpg


170316(5).jpg


170316(6).jpg
 関節と体節のシンフォニー。


170316(7).jpg
 カウフマン・ゴールデンストーンフライ。
 フラットモノフィラメントのリビングがソレっぽさをより盛って見せてるよね。




170316(8).jpg
 桃色吐息でピーチ系のおカイコさんが羽化しました。
 仲良くしてね。



170316(9).jpg

170316(10).jpg
 フラミンゴのウイングカバー・フェザー。

 ほんのり頬染めた湯あがり色の羽根。
 

 



170316(11).jpg

170316(12).jpg
 お蚕さんの胴体は、
 まるでハムスターのように全身モフモフ毛むくじゃらで柔らかな毛に覆われている。
 モコモコだ。
 なのに、
 体節の部分はちゃんとわかる。
 それが不思議でもあり……、
 この質感をどう表現するかしばし思案投げ首だった。

 特大のオストリッチの羽根の片側のファイバーをほぼすべてむしってアレしてナニして巻いた。
 ナデナデスリスリした。

 いっそ4枚の翅もお蚕さんそっくりにつくったろか、
 との衝動にもかられたけれど、
 「この胴体や脚や目玉はフラミンゴの羽根を飾るために作った土台なのだ」
 と自らに言いきかせ当初の目論見で作成した。

 

 




170316(13)13.jpg

 安心してください…ちゃんとしたのも?巻いてます。

 レッドヘッドなお蚕さん型オレノチェルノStyle 6番。
 おピンクな触角もついているんだぜ。

  
Big Bad Moth




  山田さん…アタマになんかついてますよ…



170220(1)1.jpg

 カビの生えたウインナーとちゃうねんで。






170220(2)2.jpg

170220(3)3.jpg

170220(4)4.jpg

 ブーン……





170220(5)5.jpg

 嗚呼マスターピース



 
quill wings of coq de leon
170113(1)1.jpg
 ちょっと模様の変わったコック・デ・レオンのルースター・クイル。
 コンプリートウイングの状態で見ると、
 マダラ模様も不鮮明でパッとしないし、
 なによりも例によってクイルの状態が乱れに乱れてグッチャグチャ。

 残念ながら破棄決定、
 だったんだけど、

 ……この子は磨けばきっと光るタマになる……

 ウイングをぜんぶバラして一枚づつ蒸気を当てて、
 なんとか使えそうな部分だけ補修選別して、

 170113(2)2.jpg
 Great Sedge Variation #4

 みにくいマダラの子が、
 アンダーソン・フェザントのフランクフェザーをつかったスロートハックルとのコラボによって、
 まるで雪ヒョウのようなエレガント・マダラ模様のヒゲナガ・フライに変身です。



170113(3)3.jpg
 ねじりボディを胴体にキリリと巻いて……、
 ワシミミズクのプライマリークイルと金色のオーバルティンセルのツイストボディ。

 あれだけやり倒したというのに、
 飽きるどころか……、

 モフモフやろ?
 これが濡れるとさあ、
 この繊毛がフワ~ッとボディ全体を覆って、
 その下から金色がチラチラ~ッて覗いて、
 ボディの体節がくっきり浮きあがる。

 官能的だ。

170113(4)4.jpg
  March Brown style #6
 
 レオンのルースター・セカンダリークイルの典型的な色柄のひとつ、
 明るめのマダラ模様をウイングに据えたマーチブラウン風。

 スロートハックルとテイルにも、
 クイルウイングとおなじコンプリートウイングに生えている、
 ウイングカバーの部分をソフトハックル化させて巻いてある。

 かつてテンカラ毛バリの世界で珍重された「キジの剣ハネ」の威力と特性を彷彿する、
 フライフイッシング的ソフトハックル素材にはこれまであるようでなかった、
 新感覚のハックル素材になりえる可能性を秘めているっちゅうか……、

 これヤバイっしょマジで。

170113(5)5.jpg
 とまあ、
 これまで時間がなくて脳内で密かにあたためているばかりだったイメージやヴィジョンを、
 ここにきてようやくシンプルなウエットフライに具現化しながら、
 連夜「ヤバイヤバイまじでヤバイこ~れはヤバイまじイケル」などと連呼、
 言葉足らずのアホの子状態ナウ。

 なんだけど、
 オレ的にマジヤバイのはさあ、
 聞いてくれる?

 ウエットフライってさあ、
 いつものリビングするとさあ、
 なんちゅうかフライのテイストがやっぱ洋風な印象に映んの、
 どうしたって……。

 でもさあ、
 リビングしないでボディ巻いて……、
170113(6)6.jpg
 これまで自分ではイメージすらしなかった、
 あるいみ自然な見映えからすれば抵抗感すらかんじる色の組み合わせでボディ巻いてハックリングして、
 そんなキテレツな色柄のボディとスロートハックルにやねえ、
 逆に自然界にあまた存在する生命の模様の象徴みたいなレオンのマダラ模様を合体させると……、

 ヤッバイわコレ浮世絵ちっく。
 と、
 かんじるのはワタシだけでもかまいません。

 でもさあ、
 やっぱウエットフライっつ~からにはリビング的ヒカリモノほしいじゃん?
 ヒカリモノないとなんかしまらないじゃん?
 でさあ、
 ダビングボディの下側もしくは内側から規則的なかんじでヒカリモノが覗いている、
 みたいなボディに細工したわけ、

 きらびやかというよりも、
 洗練からはほど遠くだらしない間の抜けた遊び人風イモ臭い着物で流してまっけど、
 サラシのしたにギラッとドスしのばせてまっせ……みたいな。

 嗚呼、
 浮世のことなんかみ~んな無視して
 ホンマモンの「巻き狂人」になれたらどんなにこの世は極楽浄土でしょう。

 スイマセン分不相応にも程がある。
 出過ぎたことを言いました、
 かの葛飾北斎にひたすら陳謝。

 あ、
 ちなみにコッチのフライズには、
 ルースター・レオンの艶っぽく黒光りしているマダラ模様の暗色系クイルをウイングに巻いてみた。
 ので、
 先の明るめ系マーチブラウンと比較してみるのも一興なり。
おじゃましまん~にゃわ。
1701061.jpg
 本日のタイイング机。
 酉年さいしょに巻き倒すコケコッコはやはり!なんといってもこのマダラ模様の羽根ですね。




170106(2)1.jpg

 90年代初めの20代のころ、
 レゲエのレコード屋をやっていたとき、
 次から次へとレゲエのアーティストが来日しては公演をやっていて、
 そりゃあもう賑やかなもんだったんだけど、
 ちょうどそのころそんなアーティストたちにインタヴューさせてもらって、
 音楽雑誌にインタヴュー記事を寄稿する仕事もさせてもらったりしていた。

 旬なアーティストから大御所からポッと出の新人を問わず、
 ほんとにたくさんのアーティストたちに話を聞いた。
 もはや20年以上も経ってしまっては記憶も定かではないくらい。

 なんだけど、
 今もなお記憶に残っていて、
 折りに触れどうかしたときに鮮烈に思い出す一幕もまたたくさんある。

 アイニカモーゼという不思議な名前のシンガーもそのひとり。
 ちょうど彼が来日してインタヴューさせてもらったとき、
 当時のダンスホール・レゲエ好きなら誰もがよく耳にした、
 「HOT STEPPER」という曲がジャマイカでロングラン大ヒットになっていて、
 まさに「時の人」感があった。

 こういうとき、
 ジャマイカ人は良くも悪くも調子こきまくる。
 で、
 そこをうまくヨイショすると、
 かならずそのインタヴューは盛り上がりまくる。

 んだけど、
 アイニカモーゼはあれだけのヒット曲を抱えて初来日したにもかかわらず、
 そんな話題はどこか他人事で、
 ものすごく冷静にヒットした要因を分析して語ったりして、
 それがとても印象的だった。

 よい意味でいえば、
 そんな世俗の浮き沈みよりも、
 世の中の不条理を歌うメッセンジャーとしての襟持ちこそ……、
 といったゴリゴリに肩肘張った反体制社会派シンガー。

 あえて悪く言えば生真面目すぎて融通が効かないタイプ。
 ジャマイカン気質としては珍しい、
 ノリで話すのではなく知性で本音を語るアーティストだった。
 
161230(7)7.jpg

 たとえば、
 日本での空前のレゲエ・ブームの渦中だった当時、
 ジャパニーズな日本人自称アーティストが各地のクラブやなんかでたくさん活躍していた時代。

 そんな若きニッポン人レゲエ・アーティストをどう思うか?
 みたいな話題になったとき、
 ほとんどのアーティストは大歓迎ムードで好意的に語るんだけど、

 アイニカモーゼだけは、
 「私はジャマイカ人だから日本の歌は歌えない。なぜなら環境も文化もまるでちがうからだ。
 おなじように、ジャマイカの文化のなかで生まれ育った音楽を日本人が本当に理解して歌えるとおもえない」
 というような本音と本質を、
 真面目な顔で言いきってしまった。

 それを言ったらおしまいよ…ってことなんだけど。

 で、
 そんな発言に気を悪くしたかというと、
 個人的にはまったくその逆で、
 どんな質問にも真面目に向き合ってくれて真摯に語ってくれる彼の個性と姿勢に触れて、
 ますますアイニカモーゼのことが好きになった。

 そしてさあ、
 インタヴューもよい感じでほぐれてきて、
 かのボブ・マーリーはじめ歴代の大御所社会派シンガーの系譜というか列伝なんかも話題になったりして、
 「貴方もそんな流れのおひとりですよね、やはりそうしたメッセージを発信できるアーティストこそが尊敬されるべき人物ですね」
 なんてことを言うと、

 「いや、ちがうよ」
 と一刀両断。

 めんくらって、
 「それじゃあジャマイカで民衆からリスペクトされるべき存在って誰だとおもいますか?」
 
 するとさあ、
 「オリバー・サミュエルとか、老若男女問わず人々を笑わせることのできるお笑い芸人たちだよ」
 って、
 当時のジャマイカで国民的支持を得ていた喜劇役者の名前を挙げて即答されたんだよね。

 そして、
 「ジャマイカのゲットーで暮らす人たちは、みんな誰もが深刻な問題とトラブルを抱えている。
 未来の見えないハードな毎日と闘いながら暮らしている。
 おかしくって笑い転げるっていうのは、そんな厳しい現実を、たとえ一瞬であっても忘れさせてくれるものだ。
 ほんのひと時であったとしても、凍りついている気持ちをあたたかく溶かしてくれるものだ。
 そして、笑いは誰にとっても平等だ。
 そんな尊い行為を人に伝えられる喜劇役者たちこそ、尊敬されなければいけない存在だとおもう」

 って熱弁ふるったんだよね。

 生まれ育った文化も環境も考え方もちがうんだけど、
 心の深いところで共鳴できる、
 よい話聞かせてもらったなあっておもった。

161230(6)6.jpg

 昨年、
 個人的にとてもショックだったことがふたつある。

 ひとつは、
 10月に吉本新喜劇の井上竜夫さんが亡くなったこと。
 そしてもうひとつ、
 12月にはおなじく吉本新喜劇の島木譲二さんが亡くなられたことだ。

 面識などなにもない芸能人の訃報に恥ずかしながら涙するのははじめてのことだ。

 お二方ともに、
 じぶんにとってはもはや抜きがたい影響を受けた。

 自分が物心ついたころにはすでに舞台で活躍されておられた。
 というよりも、
 自分が物心をつくキッカケを与えてくれた方々だった。

 まだ自分がランドセルを背負っていたころ、
 どこにでもいるようなごく普通に見えるオッちゃんが舞台から出てきて、
 「おじゃましまん~にゃわ」
 と言っただけで、
 なんでこんなにオモロイのや?
 
 顔や行動がオモシロイ人が面白いのはわかるけど、
 なんでこんな普通の人がオモロイのや?

 人間って不思議や……。

 まだ自分のチンコに毛が生える気配もないころ、
 ものすごい強面のおっとろしい顔したヤクザみたいなひとが、
 いきなりモロ肌脱いで、
 「どうやどうや」と言いながら両手でパチパチ胸をたたくだけで、
 なんでオレは笑ってしまうのか?

 怖い顔してワーワー叫んではるのに、
 そこから伝わってくるものは、
 なんでこないにあったかいというか、
 やさしいのや?

 この感覚はどういうことなんや?

 子供のころ、
 その妙なギャップが不思議だった。
 しかしその感覚は自分にとってすごく心地よくて深く馴染めるものだった。

 人間というものは、
 ひとつの顔だけやないんや!
 自分もまたそうなんや!

 そんな、
 自分にとっての人格形成期まっただなかでの「気づき」はまた、
 掘り下げてとらえれば、
 「自分らしく生きてよいのだ、これでいいのだ」
 という、
 「生きるうえでの世紀の大発見」
 にまでつながった。

 大げさではなく。

 そんな発見と気づきは、
 全身これ劣等感の塊だった幼少の自分にとってまさに「革命」だった。

 ぜんぜん大げさではない。

 そしてあれから時は流れまくり、
 自分も大人になりすぎてしまった近年にいたるまで、
 変わることなくご活躍されたお二方の妙技を拝見するたび、
 面識などなにもないのに、
 もはや他人とはおもえない気持ちの寄り添った安心感を感じながら、
 「継続こそ真の力なり」の本当の意味を学ばせていただいた。

 さいごのさいごまで、
 笑わせていただいた。

 最大限の敬愛と尊敬の念を込めて、
 心よりご冥福をお祈りさせていただきたい。





 それにしても、
 嗚呼新年早々またも勢い余ってハズイこと書いてしもたやんけホンマどないしてくれるねん。

 しまったしまったシマクラチヨコ…う~んゴメリンコ。

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.